株式会社グッドコミュニケーションズ株式会社グッドコミュニケーションズのロゴ

ホームページ制作・ロゴ・パンフレット

トップページ > ブログ > 集客するということは共感を得ること。

BLOGブログ

POSTED/2021.12.27

集客するということは共感を得ること。

 

さて今日のテーマは「集客するということは共感を得ること」についてです。


どこにいても、どのようなものでも簡単に手に入る時代です。

それだけモノや情報が溢れていて、入手しやすい世の中です。

そんな中、集客効果を上げていかなくてはなりません。

その集客効果を上げる一つの方法に、「共感を得る」方法があります。

新規でお店を立ち上げた時、まだまだお店の存在が知られていないので
集客効果が上がりづらいかと思います。

一方全国チェーン展開などをしているお店は、オープン当初から
ユーザーが集まってきます。

全国チェーン店は、知名度、商品やサービスに対して
ユーザーが見慣れていたり、知っていたりするので、信頼感や安心感があります。

地域密着型でお店を立ち上げた際
まずは、信頼感と安心感を与えなくてはなりません。

それには、常に情報を発信する必要があります。

お店のこだわりや、どうしてお店をやることにしたかなど
お店のこと、働いているスタッフの人柄を発信することをオススメします。

発信方法は、ブログやSNSで十分できます。

発信を続け、信頼感や安心感につなげましょう!

発信を続けていると、徐々に信頼感や安心感を伝えられるようになります。

そこでもう一つご紹介したいのが、「共感」です。

今の時代、個人の方が SNSなどを屈指して多くの発信を行なっています。

そしてそこには「いいね!」などが送られます。

いいねをするということは「共感する」からだと思います。

共感することに反応しているわけです。

集客を成功に導く「共感」は大事な要素の一つなので
意識することが重要だと思います。

共感がどんな時に生まれるのかというと

「自分も同じ」「自分もそう感じる」と思った時ではないでしょうか。

同じ年齢、同じ悩み、同じ境遇、同じ趣味、同じ故郷などが挙げられるかと思います。

このような内容をどんどん発信することで、自然と「共感」が生まれ
お店の「ファン」になってもらえます。

経営者さんやお店のスタッフさんの熱い思いや・理念なども発信して
多くの方に「共感」を得られれば良いのかなと思います。

信頼感と安心感を与えながら、共感も得られるような発信を心がけましょう

今日もお読み頂き有難うございました。

ではまた明日。

私たちは、例えどんな難題であったとしても、お客様に寄り添い、一緒に悩み

コミュニケーションを上手にとりながら、人と人・企業と企業をつなぐ「デザイン」を創造いたします。

 
パートナーとして頼りになる家族のような存在であることを目指して。

集客でお困りの方などご遠慮なく資料請求・お見積りなどご連絡ください

ブログ以外のページもご覧ください こちらをクリック

PROFILE

35歳の時に13年間勤めた制作会社を辞め、飲食店に特化したデザイン会社を設立。やりたいことはたくさんあり、独立すれば夢はすぐ叶うと信じていました。しかし、そんな甘い考えは通用せず、失敗の連続を経験しました。
創業当時に思い描いた夢はまだ継続中です。
小さい会社でも仕事は大きく「家族のような仲間と居心地のいい空間で」
大きな夢ではなく、今よりももう少し良くなりたいと思い続けること。
これだけは譲れないという気持ちを持ち続けること。
お客様の様々な課題に寄り添い、共に悩み、コミュニケーションを大切にデザインという手段で問題解決に挑みます。パートナーとして「頼られる存在であり続けることを」目指し、日々学び、私自身もチャレンジしていきたいと考えております。

「デザインでつながる社会を」を目指して!

  • Facebook
  • Instagram

千葉でWEB制作(ホームページ制作)ロゴ・パンフレットなどの制作をしているデザイン会社
株式会社グッドコミュニケーションズ
〒266-0032
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-33-15

RELATED POST関連記事

WORKS

WEBサイト制作・ECサイト制作をはじめ、ロゴ制作、チラシ、リーフレット、パンフレット、
ショップカード、封筒、名刺、ポスター、看板など各種グラフィックデザインを制作しています。

VIEW MORE

CONTACT FORM

お問い合わせはこちらから

043-291-3811

【営業時間】9:00~18:00 【定休日】土曜日・日曜日 ・祝祭日

RECRUIT INFORMATION

デザインでつながる社会を。

家族のような居心地のいい空間で、
一緒にデザインでつながる社会を
目指していきませんか。

VIEW MORE